ピーリング洗顔で毛穴をなくしたい。

ピーリングを行う時は、専門機関では本格的に、自宅では手軽に行うことができます。自宅におけるピーリングは、化粧品売り場やドラッグストアで売られているピーリング剤を使います。ピーリング剤にも濃度があるため、自分に合ったものを選びましょう。

敏感肌の人のピーリングは注意して

ピーリング後に肌にかさぶたができることがあります。

これはピーリングを実施したことによって、酸の濃度が増えてしまったことが起因とされています。
かさぶたになってしまうと色素沈着を招きやすいため、警戒しなければいけないのです。

ちょっとの間は状態を確認して、治まることなく悪化している場合には、皮膚科に行くことが必須となります。

さらに、肌のトラブルを未然に防ぐには、事前にパッチテストを行ってから使うのが効果的です。
ピーリングをやった後は肌が脆弱になるでしょう。

よって、肌にダメージの少ない洗顔料で顔を洗い、基礎化粧品も刺激が少ないものを塗ることを推奨します。

敏感肌でもピーリングは大丈夫?

敏感肌の場合はこんなことに気をつけてください

敏感肌の人は、濃度の低いものから始めると心配はないでしょう。 ピーリングに取り掛かる前に、メイクアップしているのであれば、クレンジングをしっかりして顔の汚れを除去します。

顔をタオルで十分に拭いた後ピーリング剤を顔につけていきます。

つける量や放置時間などはピーリング剤によって異なるため、商品に入っている説明書をきちんと読んで理解しておきましょう。 量や時間を厳守しないと、かなり肌がダメージを負い、肌が傷めることになります。

加えて、説明書の通りに行っても少しの痛みなどを感じることがありますが、数日間は肌の状態を気にかけながら待ちましょう。 赤みや痛みが相当なときにはその部分を水を使って冷やし、専門医の診断を仰ぎましょう。

ピーリングとは積もり積もった角質を取り去る効力を持つため、肌がいつもより乾いてしまいます。 なので、ピーリングをやった後は、普段以上に保湿対策をしましょう。

肌も過敏になっていますので、刺激がほとんどなく肌に負担をかけない保湿化粧品を選択するのが良いでしょう。 ピーリングが及ぼす乾燥は、3日ぐらいで落ち着いてくるでしょう。

この他に、肌が日に焼けるのも留意すべきでしょう。 なぜなら、角質層を取っていくことにより光が皮膚に入り込みやすくなるからです。 そのため、UV対策を十分にやっていきましょう。

Copyright (C) ピーリング洗顔で毛穴をなくしたい。 All Rights Reserved.
inserted by FC2 system